ワキガの原因と脱毛によってワキガの臭いを改善できる理屈について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワキガの原因を考察

ワキガが気になる女性
誤った自己処理を脇毛に施すことで汗をかく量が増し、ワキガになる原因に繋がります。

特に、毛抜きだと毛を抜く際に周りの皮膚も引っ張るので、脇に強い刺激を与えます。

その上、脇はデリケートな部位となる他にも、脇毛はアポクリン腺と一体化しているのでアポクリン腺から出る汗の量が増します。

また、アポクリン腺の汗はエクリン汗腺の汗と混じることでワキガの臭いを発しますが、アポクリン腺の汗が多いほどワキガの臭いが強まります。

他にも、脱毛テープや除毛クリームによる脇毛の自己処理も、毛抜きと同じように脇に強い刺激を与えます。

そのため、毛抜きや除毛クリームといった肌に強い刺激を与える自己処理は、脇に施さないのがワキガの原因を作り出さないポイントとなります。

脱毛でワキガを抑制する際のポイント

剃刀による自己処理でも肌を保湿せずに行うと、刃が肌に直接触れるので剃刀負けしやすくなります。

なので、脇毛を処理しつつワキガの臭いを改善する際は、脱毛を施すのがお勧めとなります。

特に、脱毛施設での脱毛は可視光線が毛根部分に反応することで、脇毛を生えなくすることも可能となります。

とはいえ、脱毛施設に何度も通わないと脇毛を生えなくすることができません。

それでも、脱毛施設に通うほど脇毛を生えにくくできるので、ワキガの臭いを抑えることができます。

なぜなら、脇毛が生えにくくなるとアポクリン腺から出る汗が脇毛につきにくくなるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*