埋没毛ができる原因とスクラブによる自己処理について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛に関して

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、自己処理を施す際に肌に負担を掛けることで肌を傷つけると同時に出来やすくなります。

さらに、埋没毛は放置することで毛嚢炎や色素沈着に結びつくので、黒ずみやニキビによって肌のトラブルが起こることになります。

そのため、埋没毛が出来た場合はクリニックで脱毛を受けるのが早いですが、難点として費用が掛かることにあります。

なので、費用を掛けずに埋没毛を処理する際は、スクラブを使って自己処理を施すのがお勧めとなります。

よって、ボディスクラブやスクラブ洗顔料を使うことで、洗顔によって古い角質を取り除くことができます。

自己処理の場合はやり方を間違えないように

また、細かい粒であるスクラブで肌を擦ることで埋没毛を肌の表面に出すことができますが、肌をごしごしこすらないのがポイントとなります。

なぜなら、スクラブでの自己処理はクリニックでの脱毛と違って、肌に負担を掛けるからです。

さらに、肌質に合わないスクラブを選ぶと、埋没毛を処理できないだけでなく肌荒れに追われることになります。

そのため、敏感肌の人であればこんにゃくや米ぬかが使われているスクラブを使うのがお勧めされます。

肌に掛ける負担を減らしつつ、肌荒れに追われる恐れを減らすことができますが、肌が乾燥している状態だと肌を傷つけることになります。

なので、スクラブでの自己処理はやり方を間違えなければ埋没毛を処理しつつ、毛嚢炎や色素沈着を改善することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*