2017年 11月 の投稿一覧

産後の自宅でのムダ毛処理の方法

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後は、妊娠前より女性ホルモンの割合が減るので肌の状態が不安定となります。

そのため、産後はホルモンバランスが改善されるまで男性ホルモンの割合が多いので、濃いムダ毛が増える期間になります。

また、産後においてムダ毛処理は赤ちゃんの世話をする時間と両立させることになるので、脱毛施設での脱毛に頼るのが難しいです。

なぜなら、脱毛施設では産後の女性客の利用を基本断る上に、受けたとしても妊娠前と比べて脱毛効果を得にくいからです。

なので、産後は自宅でムダ毛処理することになりますが、産後の肌は敏感なので誤った自己処理を施すと肌のトラブルを招きます。

電動シェーバーを使うのがお勧め

ムダ毛処理によって肌が荒れるリスクを無くすには、電動シェーバーを使うのがお勧めです。

なぜなら、電動シェーバーは剃刀と違って濃いムダ毛でも軽い力で剃ることができる上に、深剃りする恐れがないからです。

また、電動シェーバーは脱毛施設でも肌が敏感な人でも問題なく使用できると言われています。

けれども、電動シェーバーの刃の状態が悪いと、肌を傷つける原因になるので衛生面に気をつける必要があります。

他にも、肌を保湿せずに電動シェーバーでムダ毛処理すると、産後の肌は乾燥しやすい状態でもあるので肌の乾燥を招きます。

とはいえ、電動シェーバーは刃の衛生面の管理と肌の保湿に注意すれば、産後の自宅でのムダ毛処理に適した方法となります。

埋没毛ができる原因とスクラブによる自己処理について

埋没毛に関して

埋没毛に悩む女性
埋没毛は、自己処理を施す際に肌に負担を掛けることで肌を傷つけると同時に出来やすくなります。

さらに、埋没毛は放置することで毛嚢炎や色素沈着に結びつくので、黒ずみやニキビによって肌のトラブルが起こることになります。

そのため、埋没毛が出来た場合はクリニックで脱毛を受けるのが早いですが、難点として費用が掛かることにあります。

なので、費用を掛けずに埋没毛を処理する際は、スクラブを使って自己処理を施すのがお勧めとなります。

よって、ボディスクラブやスクラブ洗顔料を使うことで、洗顔によって古い角質を取り除くことができます。

自己処理の場合はやり方を間違えないように

また、細かい粒であるスクラブで肌を擦ることで埋没毛を肌の表面に出すことができますが、肌をごしごしこすらないのがポイントとなります。

なぜなら、スクラブでの自己処理はクリニックでの脱毛と違って、肌に負担を掛けるからです。

さらに、肌質に合わないスクラブを選ぶと、埋没毛を処理できないだけでなく肌荒れに追われることになります。

そのため、敏感肌の人であればこんにゃくや米ぬかが使われているスクラブを使うのがお勧めされます。

肌に掛ける負担を減らしつつ、肌荒れに追われる恐れを減らすことができますが、肌が乾燥している状態だと肌を傷つけることになります。

なので、スクラブでの自己処理はやり方を間違えなければ埋没毛を処理しつつ、毛嚢炎や色素沈着を改善することができます。

脱毛サロンの勧誘を上手く断るには

脱毛サロンの勧誘への対応で後悔しないように

勧誘を断る女性
脱毛サロンでは、勧誘されるがままに契約すると後悔することが多いです。

なぜなら、勧誘されるだけで脱毛サロンの利用を決めると、費用や行く時間を考慮せずに決めた状況に陥りやすいからです。

そのため、脱毛サロンの勧誘を受けても自分で考えてほんとに利用すべきか検討するのが大切となります。

また、スタッフの中には契約させるのを急かせスタッフもいます。

なので、契約を急かされることでますます自分で検討する時間を割くことができなくなるので、勧誘を断ることは自分で利用すべきか考えることに繋がります。

脱毛サロンの勧誘を断る方法

勧誘によって契約を急かされた場合は、すぐには決めれないので考える時間が欲しいことを明確に伝えるのがポイントです。

なぜなら、スタッフの態度が悪いから契約を断っても、他のスタッフが代わりに勧誘を勧める形になるからです。

そのため、勧誘を急かされても明日までには連絡することを伝えれば、その場からトンズラできる可能性が高まります。

ただし、時間がないので契約を断ったとしてもスタッフ側は急かせるだけなので、かえって逆効果になります。

なので、勧誘されて急かされたとしても自分の意思を伝えて、勧誘を断りつつ契約すべきかを検討するのが大切です。

よって、脱毛サロンの勧誘を上手く断るならば、店舗では直接決めれないので家に帰って考慮したいことを伝えることで、スタッフは勧誘するのを諦めやすいです。

海外では当たり前?  日本と海外のアンダーヘアの脱毛の違いについて

アンダーヘアの脱毛事情

アンダーヘアの脱毛
日本でもアンダーヘアの脱毛というようなものがありますが、あまり普及はしていません。

日本にはアンダーヘアを処理するような習慣はあまりなく、全部処理をしてしまうとかえって周囲からの目が気になってしまうような感じになりますから

形が残るように処理するコースがあったりとするものでもあります。

ですが、海外では普通にアンダーヘアは処理をするのが通常だったりする面があります。

アメリカあたりですとVIOラインの脱毛というのは特に重要となっており、ここの部分は処理をしていないとかえって驚かれるようなことがあります。

アンダーヘア脱毛は当たり前の時代

日本では、他の部分の毛の処理に関しては結構しっかりしているのに、なぜアンダーヘアだけはほっておいてあるのだろうかと思われるほどです。
その他の国でも差異はありますが、アジア圏以外は基本的にアンダーヘアの脱毛には興味があるというようなことが多いようです。

処理方法としてはブラジリアンワックスのように局部に専用ワックスを塗って処理するだけの簡単な方法でできます。

他にも、通常のレーザー脱毛のようにしっかりと処理するようなこともあり、色々な手法でアンダーヘアを処理しているのです。
お国柄によっていろいろと事情があるようですが、海外では結構関心がある部分なのです。
日本でもこの傾向は来るのかはまだまだ分かりませんが、海外のようになっていくのはまだ先のようです。

ワキガの原因と脱毛によってワキガの臭いを改善できる理屈について

ワキガの原因を考察

ワキガが気になる女性
誤った自己処理を脇毛に施すことで汗をかく量が増し、ワキガになる原因に繋がります。

特に、毛抜きだと毛を抜く際に周りの皮膚も引っ張るので、脇に強い刺激を与えます。

その上、脇はデリケートな部位となる他にも、脇毛はアポクリン腺と一体化しているのでアポクリン腺から出る汗の量が増します。

また、アポクリン腺の汗はエクリン汗腺の汗と混じることでワキガの臭いを発しますが、アポクリン腺の汗が多いほどワキガの臭いが強まります。

他にも、脱毛テープや除毛クリームによる脇毛の自己処理も、毛抜きと同じように脇に強い刺激を与えます。

そのため、毛抜きや除毛クリームといった肌に強い刺激を与える自己処理は、脇に施さないのがワキガの原因を作り出さないポイントとなります。

脱毛でワキガを抑制する際のポイント

剃刀による自己処理でも肌を保湿せずに行うと、刃が肌に直接触れるので剃刀負けしやすくなります。

なので、脇毛を処理しつつワキガの臭いを改善する際は、脱毛を施すのがお勧めとなります。

特に、脱毛施設での脱毛は可視光線が毛根部分に反応することで、脇毛を生えなくすることも可能となります。

とはいえ、脱毛施設に何度も通わないと脇毛を生えなくすることができません。

それでも、脱毛施設に通うほど脇毛を生えにくくできるので、ワキガの臭いを抑えることができます。

なぜなら、脇毛が生えにくくなるとアポクリン腺から出る汗が脇毛につきにくくなるからです。